ケルセチン配糖体にはどんな効果があるのか?

ケルセチンサプリ

ケルセチン配糖体を摂ると様々な健康効果があると
されます。
ここでは代表的な効果効能についてまとめてみました。

 

 

 

 

血流改善効果

 

ケルセチンは高い抗酸化作用を持っている成分です。

 

血液中を流れている赤血球が活性酸素によって
酸化されるのを防いでくれると考えられます。

 

赤血球は普段柔軟性があるのですが、
酸化してしまうと硬くなってしまいます。

 

普段は柔らかいことで細い血管もスムーズに流れられるので、
柔軟性が失われると血液の流れが悪くなってしまうのです。

 

ケルセチンは抗酸化作用によって赤血球を柔らかく健康に保ち、
血液の流れが悪くなるのを防いでくれます。

 

 

また血管そのものが硬くなることでも血流は悪くなります。

 

ケルセチンには血管の内側の壁を健康にして
しなやかな状態を保つ働きもあるとされています。

 

 

生活習慣病を予防する

 

ケルセチンは血中コレステロールを低下させる働きがあります。

 

血糖値の急激な上昇も抑える働きが確認されています。

 

血中コレステロール値や血糖値が高いと、高脂血症や
糖尿病などの生活習慣病に繋がります。

 

ケルセチンを摂ることで生活習慣病の予防に繋がります。

 

 

ダイエットサポート

 

ケルセチン配糖体サプリを摂ることで血流が改善されると
全身の代謝が良くなります。

 

結果として、脂肪が燃焼しやすい状態になります。

 

さらに、血糖値の上昇やコレステロール値を下げる働きも、
痩せやすい身体作りに効果的な作用です。

 

さらにケルセチンは肝臓にある脂肪を吸収して
体外に排出してくれる働きがあります。

 

肝臓に溜まった脂肪を消費しやすくしてくれるのです。

 

余分な脂肪が排出されて肝臓の機能が良くなると、
全身の代謝アップにも繋がります。

 

 

関節痛を緩和する

 

ケルセチンには抗炎症作用があることで知られています。

 

関節で炎症が起こる原因のひとつは活性酸素なのです。

 

活性酸素は体内の悪いものを攻撃する働きがあるのですが、
必要以上に活性酸素が増えると身体の細胞まで攻撃し、
酸化させて様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

抗酸化作用が高いケルセチン配糖体を摂ることで
活性酸素を除去、炎症による痛みを和らげてくれるとされます。

 

 

むくみ、冷えの解消

 

血流が悪くなると、水分や老廃物が溜まってむくみの原因に。

 

特に重力の栄養を受けやすいふくらはぎなどはむくみやすいです。

 

また手足の先の血行が悪くなると冷えの原因になります。

 

ケルセチンによる血流改善効果は、このような血行不良が原因の
身体の不調などの改善への効果が期待できます。

 

 

アレルギーや花粉症の改善

 

ケルセチンには抗ヒスタミン作用があるとされます。

 

ヒスタミンは本来異物から身体を守るものですが、
過剰に反応してしまうとアレルギー症状を引き起こします。

 

この働きを抑制するのが抗ヒスタミン作用のあるものです。

 

ケルセチンは抗ヒスタミン作用と抗炎症作用、
二つの働きによって花粉症やアレルギーによる
症状の緩和に働くとされています。