ケルセチンの健康効果や美容効果が話題!でも、効果なしって本当?

ケルセチンの効果について

 

野菜にも、色々な種類があります。
私たちの生活に身近な野菜もあれば、
あまり食べつけないものもありますよね。

 

身近な野菜の一つに玉ねぎがありますが、
玉ねぎは色々な料理に使うことができ、
小さい時から食べられている方がほとんどでしょう。

 

身近な野菜代表 玉ねぎ

 

ケルセチンの効果について

 

玉ねぎはとても身近な野菜ですが、様々な嬉しい健康効果や
美容効果があるとして話題になります。

 

肌のターンオーバーを促し美肌を保ったり、
高血圧を改善することにより、
生活習慣病を予防するといった効果が特に人気の秘密です。

 

身近な野菜でありながら、様々な嬉しい効果があるとして、
話題となったなっているケルセチンですが、
中には効果なしという情報も見受けられます。

 

実際に、ケルセチンを積極的に摂取したものの、
効かないという感想を持っておられる方もいるようです。

 

では、最近話題のケルセチンに効果なしという情報は、
本当なのでしょうか?

効果があるとすれば、そう言える理由は何なのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

ケルセチンに効果なしとお考えの方や、
ケルセチンの摂取を検討している方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

ケルセチンには効果なし?

 

ケルセチンの効果について

 

ケルセチンには効果がないのかどうか、ケルセチンの効果として
話題となっているいくつかの点についいて、ご紹介します。

 

 

 

 

ダイエット効果

 

ケルセチンは、中性脂肪や体脂肪を落とし、
ダイエット効果が高いということがよく知られています。

 

効果なしと考えている方もおられますが、ケルセチンと
糖を結びつけたケルセチン配糖体という成分を配合した
特定保健用食品のお茶などが人気なんです。

 

特定健康保健用食品とは、特定の健康効果があるということが、
国の機関によって認められなければ
付けることができないマークです。

 

それで、ケルセチンには、このダイエット効果があると
はっきり認められていることがわかります。

 

 

 

 

アレルギー対策

 

アトピーやアレルギー体質にも、
ケルセチンは効果的と言われています。

 

効果なしと感じている方もおられますが、
実はケルセチンには抗ヒスタミン作用があります。

 

この抗ヒスタミン作用は、アレルギーの治療に使われる
抗ヒスタミン薬と同じ働きをしてくれます。

 

日本では医薬品として使われていませんが、海外では
医薬品として認めている国もあるほどです。

 

それで、効果なしという情報よりも、
効果があるという情報の方が論文などでも有力です。