辛いかゆみや赤みを引き起こすアトピーにも、ケルセチンは効果的

ケルセチンの効果について

 

ニキビやアトピー、ニキビ跡など様々な肌に関するトラブルで
悩んでいる方は、少なくありません。

 

特に、アトピー性皮膚炎は、小さな子供から大人まで
悩まされている方が多く、体質的なものなので諦めるしかないと
感じている方も少なくないようです。

 

しかし、アトピーを始めとしたアレルギー肌を抱えていると、
様々なことに敏感になり、見た目も気になるため、
何とかして改善したい!と感じておられることでしょう。

 

玉ねぎに含まれている代表的な栄養素であるケルセチンには、
実は肌に対する嬉しい効果もありますが、
アトピーに対してはどのような効果を発揮するのでしょうか?

 

アトピーとケルセチン

 

ケルセチンの効果について

 

アトピーとは?

 

アトピー性皮膚炎というのは、かゆみや赤みを伴う湿疹が、
体の色々なところに出ることが特徴的な皮膚の症状です。

 

生まれつきアレルギー体質の方や、肌のバリア機能が
低下している方がアトピーを発症しやすいと言われています。

 

完治させることが難しく、症状が良くなったり悪くなったりを
繰り返すので、コントロールする必要がある皮膚の疾患として
多くの人を悩ませています。

 

アトピーの原因ははっきりこれとわかっていないというのが
実情ですが、食習慣や運動習慣などの生活習慣が
深く関わっていることが明らかになっています。

 

それで、アトピーと上手に付き合っていくためには、
毎日取り入れる食べ物や習慣に注意が必要です。

 

ケルセチンの効果

 

抗ヒスタミン効果

 

ケルセチンには、抗ヒスタミン作用があります。

 

実は、ケルセチンは、海外では抗ヒスタミン剤、
つまり医薬品として認められているほどなんです。

 

抗ヒスタミン薬は、アレルギー体質に効果的で
炎症を抑える効果があると言われています。

 

ケルセチンは自然の抗ヒスタミン効果が期待できるので、
アトピーの症状を引き起こすアレルゲンにも効果的です。

 

赤みやただれ、かゆみなどの炎症を抑えてくれるので、
肌の調子を整えてくれるんです。

 

ターンオーバーを促進

 

また、ケルセチンには強い抗酸化作用があり、
血行促進してくれる働きがあります。

 

それで、全身の新陳代謝を高めてくれるので、
肌のターンオーバーを促進してくれるんです。

 

肌は古くなってしまった角質を落とし、
新しい皮膚にすることで綺麗に保たれています。

 

このターンオーバーのリズムが乱れることで、毛穴が詰まったり、
炎症がひどくなったりするため、ターンオーバーを促進する
このケルセチンの働きは、アトピーの改善にもってこいです。