辛い冷え症を改善するには、ケルセチンがおすすめ!嬉しい効果とは?

ケルセチンの効果について

 

ケルセチンは、生活習慣病の予防など健康に関する効果は
もちろんですが、実は冷えにも効果的なんです。

 

冷え性で悩まされている方は多いので、
それを改善する効果には、注目が集まっているんです。

 

では、ケルセチンには冷え症に対する
どのような嬉しい効果が期待できるのでしょうか?

 

今回この記事では、冷え症とケルセチンの効果の関係について、
調べてまとめてみました。

 

辛い冷え症や低体温症で悩まされているという方、
何とかして冷えを改善したいと思っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

冷え症とケルセチンの効果

 

ケルセチンの効果について

 

冷えは万病のもと

 

昔から、冷えは万病のもとと言われています。

 

体が冷えることにより、色々な病気の原因になったり、
新陳代謝が落ちるため太りやすくなるなど
色々なデメリットがあるんです。

 

最近では、暖房や冷房などが発達しているので、
いつも快適な温度で過ごすことが
できるようになったにもかかわらず、手足の冷えが深刻化し、
悩まされている方は増えているようです。

 

しかし、冷え症を改善しなければ辛い肩こりや
冷えという症状だけではなく、将来様々な病気を
発症してしまうリスクを高めることになるので、
できるだけ早く改善することがおすすめされています。

 

ケルセチンで冷え症改善

 

血行を促進

 

冷え症の原因は、全身の血行が滞っていることです。

 

血行が良くない原因は様々ですが、血行を促進しなければ、
冷え症を改善することはできません。

 

その点で、血行を促進してくれる効果が期待できるのは、
ケルセチンという成分なんです。

 

ケルセチンには、強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用は、活性酸素を
取り除いてくれるという効果があります。

 

活性酸素は、血液中の成分や血管を構成している細胞などを
傷つけたり、病気にならせる原因物質とも言われているので、
抗酸化作用を取り入れることは重要です。

 

ケルセチンにより、血管の壁がしなやかで柔軟に保たれるので、
血行が良くなります。

 

血管が拡張するので、全身に血液が十分に流れるようになり、
手足の冷えや低体温症などが改善されるんです。

 

血液がサラサラに

 

ドロドロの血液は、流れにくくなりますよね。
ケルセチンには血液サラサラ効果があるので、血行を促進します。

 

毛細血管という細い血管に血液が集まる、
つまり流れにくくなることを防いでくれるので、
体の隅々まで血液を流し、冷え症を改善するために、
とても大切な働きをしてくれます。