ケルセチンには高血圧を改善する効果がある?

ケルセチンの効果について

 

身近に取り入れている野菜でありながら、
健康効果が高いとして知られている玉ねぎ。

 

玉ねぎと言うと、
血液をサラサラにしてくれるというイメージがありますよね。

 

生活習慣病予防には高血圧改善

 

ケルセチンの効果について

 

血液がサラサラになると、生活習慣病の予防に効果的です。

 

実は、ケルセチンには
血圧を下げるという嬉しい効果があるんです。

 

高血圧を放っておくと、様々な重大な病気に
つながりかねないため、治療しておられるという方も
少なくないでしょう。

 

では、身近な食材である玉ねぎにも含まれるケルセチンには、
血圧に対するどのような嬉しい効果が期待できるのでしょうか?
なぜ、ケルセチンが効果的といえるのでしょうか?

 

今回この記事では、ケルセチンの血圧に対する効果について、
調べてまとめてみました。

 

食事から取り入れるもので血圧を改善したいと思っている方、
身近な野菜で高血圧に良い効果が期待できるものを
知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血圧とケルセチン

 

ケルセチンの効果について

 

玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールが含まれていて、
その成分が生活習慣病の予防や健康に対する効果が
高いということが認められています。

 

このケルセチンは、高血圧に対して、
どのような働きをしてくれるのでしょうか?

 

高血圧の原因

 

高血圧の主な原因は、血管がしなやかでないことと、
血液がドロドロになっていることです。

 

硬いゴムホースのような状態になってしまった血管に
血液を流すには、ポンプの役割をしている心臓が、
かなり必死に働かなければなりません。

 

しなやかさがないため、勢いよく血液を送り出さなければ、
全身に血液を届けることができません。
それで、心臓も疲れ、血圧も高くなってしまいます。

 

高血圧改善

 

血管をしなやかに

 

ケルセチンには抗酸化作用があります、抗酸化作用は
細胞を老化させたり、病気にならせる活性酸素を
除去してくれる働きがあります。

 

血管も、年齢を重ねることで老化してしまいますが、
この抗酸化作用により血管の老化を予防し、
しなやかさを保つことができます。

 

血管がしなやかに保たれることで、
血圧を下げることができるんです。

 

血液サラサラ効果

 

ドロドロの血液は流れにくいため、高血圧の原因となります。

 

ケルセチンには、血液の赤血球を若返らせる働きもあるので、
血液サラサラにしてくれます。

 

それで、血圧を下げるという効果が期待できるんです。