ケルセチンの健康効果がすごい!おすすめの摂取方法と摂取量

ケルセチンの効果について

 

数ある種類の野菜の中でも、
生でも加熱しても食べられるものとして、
身近なものの一つが玉ねぎではないでしょうか?

 

玉ねぎは健康食材

 

ケルセチンの効果について

 

様々な料理に使えて美味しくいただけるだけではなく、
血液サラサラ効果やダイエット効果といった、
様々なからだに嬉しい効能が話題となり、
人気が高まっているんです。

 

身近で健康効果が高いということで、
摂取量を増やしたいと思っている方も多いかもしれません。

 

何が優れている?

 

玉ねぎは、なぜ健康食材と言われているのでしょうか?

 

その秘密は、ケルセチンという栄養素にあります。

 

ケルセチンは、強い抗酸化作用や
抗ヒスタミン作用のある成分です。

 

ポリフェノールの一種で、ビタミン様物質と言われています。

 

人間の体を老化させたり、病気の原因となる活性酸素を
取り除いてくれるという働きがあるので、
その高い健康効果が期待できます。

 

抗ヒスタミン作用により、アレルギーの症状を
抑えることもできるので、色々な年齢層の方に
オススメしたい栄養成分の一つなんです。

 

では、具体的にケルセチンの摂取がおすすめな人とは、
どのような人でしょうか?

 

ケルセチン摂取がおすすめな人

 

ケルセチンの効果について

 

ケルセチンは健康に嬉しい働きがありますが、
どのような方におすすめでしょうか?

 

小さな子どもから高齢の方までにお勧めですが、
特に生活習慣病が気になる方や、
アレルギー体質の方には効果的です。

 

また、体の血行が悪く、冷え性や新陳代謝の悪さで
悩んでいるという方にも、おすすめの効果がたくさんあります。

 

ケルセチンの摂取方法と摂取量

 

ケルセチンの効果について

 

摂取方法

 

嬉しいケルセチンを摂取するには、
玉ねぎの皮に含まれる成分を摂取する必要があります。

 

玉ねぎでも、特に皮に多く含まれているので、
生では食べることができないでしょう。

 

玉ねぎの皮からだしを取り、お茶やスープとして、
摂取すると良いでしょう。

 

また、薄皮を残しておいて加熱すると、
それほど抵抗なく摂取できます。

 

また、もっと手軽にケルセチンを摂取したいという方には、
摂取量もコントロールできるサプリメントがおすすめです。

 

摂取量

 

ケルセチンの摂取量に、特に目安はありません。

 

ケルセチンは、過剰摂取した場合の副作用の心配もなく、
摂取量に特に規定がある栄養素ではないようです。

 

水溶性物質なので、体の外へ老廃物として
排出されやすいことが理由です。

 

日本人の平均的なケルセチンの摂取量は、1日25mg程度です。

 

関節痛やアレルギー対策といった健康効果を期待する場合には、
1日400mg程度の摂取量が必要になります。