健康食材!玉ねぎに含まれるケルセチンにはどんな効能があるの?

ケルセチンの効果について

 

玉ねぎの効能と言うと、血液をサラサラにするというイメージが、
最も強いかもしれません。

 

玉ねぎにはどのような成分が含まれているので、
血液や血圧に関するそのような効能が
認められているのでしょうか?

 

さらに、その成分には他にもどのような効能があるのでしょうか?

 

玉ねぎに含まれる栄養成分

 

ケルセチンの効果について

 

玉ねぎは、それ単体でかなり栄養豊かというわけではなく、
ビタミンやミネラルといった栄養素は、他の野菜と比べて、
決して多く含まれているというわけではないんです。

 

しかし、特徴的な成分が含まれているので、
身体に良い影響があると言われています。

 

 

 

ケルセチン

 

玉ねぎの様々な嬉しい効能の秘密は、
ケルセチンという栄養素です。

 

ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、
ビタミンと似た働きをするために、
ビタミン様物質と言われています。

 

ポリフェノールと言うと、赤ワインやベリー系などの
フルーツを想像しますが、玉ねぎにも
ケルセチンというポリフェノールがたっぷり含まれているので、
嬉しい効能があるというわけです。

 

ケルセチンには、抗酸化作用という働きがあります。

 

人間の体の中には、細胞を痛めて、
老化や病気の原因となる活性酸素というものが存在します。

 

抗酸化作用がある食べ物を取り入れることで、
この活性酸素によるダメージを軽減することができるんです。

 

血管や赤血球などを、この抗酸化作用により
しなやかに保つことで、血液サラサラ効果や
血圧を下げる効果があると言われているんです。

 

その他のケルセチン嬉しい効能

 

ケルセチンの効果について

 

玉ねぎに含まれるケルセチンには、様々な嬉しい効能があります。

 

 

 

 

アトピー

 

ケルセチンのアレルギーに対する効能は、
様々な研究がされており、多くの論文も発表され、
注目を集めている分野なんです。

 

アトピー性皮膚炎は、痒みや
皮膚のただれなどを伴う辛い症状があります。

 

ケルセチンには、ヒスタミンを抑える効果があります。

 

ヒスタミンは、アレルギーの原因物質とも言われていますので、
アトピーにも効果的というわけです。

 

抗炎症作用があるので、
皮膚の炎症を抑えてくれるという効能が期待できます。

 

 

 

 

冷え性の改善・ダイエット

 

血管や赤血球をしなやかに保ってくれる働きのあるケルセチンを
玉ねぎから摂取すれば、全身の血流が良くなるので、
冷え性の改善に効果的です。

 

冷え性になると、体の新陳代謝が落ちるため
ケルセチンのこの効能により、ダイエット効果も
高めていくことができるでしょう。